理念

Tohoku Farm ミッション

 人と人、人と自然の架け橋となるチャネルをつくり、社会的課題への解決策を生み出す。

– Common Earth Mission Statement

世界はますます繋がってきています。異なる価値観を持った人々からなる異文化の中で、ともに生きる方法。自然の資源を破壊せずに活用しながら、ともに生きる方法。あらゆる面での「共生」こそが、ゆたかで持続的な社会を描くための鍵であると私たちは考えます。

今、日本の東北地域の復興をはじめ、世界中でたくさんの社会的課題に直面しています。すべてが未来と大きく関わっています。

Common Earthは、より多くのコミュニティに光を照らし、ビジネスを通して持続的に支援を図り、よりゆたかな世の中を目指します。あらゆる境界線をなくし、「共生」できる社会を創造することが、私たちの使命です。

「枠」の架け橋となる。

私たちはひとり一人異なります ー それは、国籍や文化、また、価値観や経験であるかもしれません。私たちはこれらの境界線を無くし、距離を縮めることにより、共生を実現できると信じています。

すべてのつながりを基盤に。

人と自然はひとつの生態系です ― 自然との距離を縮めることにより、人々の毎日のライフスタイルを影響し、人と環境へポジティブなインパクトをもたらして持続可能な世界へと突き進みます。

メッセージ

Sosha in the field

私は、アメリカ人と日本人の両親のもとに生まれました。両国を行き来して育つ中、常日頃感じてきたことがあります。それは、「人間は誰しも枠の中で生きている」ということです。それは、「国境の枠」や「文化の枠」であり、「知識の枠」や「見解の枠」であるかもしれません。

そのような枠がアイデンティティとなることもあれば、逆に視野を縮めてしまうこともあります。難しいことを言うつもりはありませんが、自分の枠の外、他の枠の内を理解する試みが大切だと考えます。それらを通じて違いを理解し、共感し合うことが今だからこそ必要だと信じています。

「言語」は、多様な人々がコミュニケーションを図り、ある種の枠を超えられるためのツールだと思っています。ことばは、対話という目的の、ひとつの方法にしか過ぎません。

「枠」の外を提案する ― そこから共感、共生を育む。それがCommon Earthの使命です。

-代表  光永奏者

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha Captcha Reload